てんかん治療ナビ

てんかんと腹痛と点頭について

てんかんの患者さんの場合、発作の一つとして点頭てんかん、という症状が出る場合があります。

これは、赤ちゃんの時にも出る症状であり、一見すると赤ちゃんがそのような病気に見えるようには感じられません。

そのため、ご両親や周りの大人たちも、赤ちゃん特有の動きである、と認識をしてしまい、てんかんであるという病気の発見が遅れてしまうケースがあります。

このような動きについては、頭を縦に振ってお辞儀をするような症状であるため、まるで赤ちゃんが挨拶をしているように親御さんとしては、感じるケースなどもあり、大変に分かりづらいものです。

この点頭てんかんであるかどうか?を調べる方法としては、赤ちゃんの脳の脳波を調べることによって、てんかんであるかどうかをチェックすることが出来ます。

ただ、上記のように大変に分かりづらい症状であるため、注意深く親御さんが見ていても、見逃してしまうことがとても多いものであります。

また、てんかんの患者さんの場合、腹痛がとても辛いことが症状として起きることがあります。

これはなぜか?というと、一般の人が考えるような、病気を持っていない人が感じる腹痛などとは異なっており、例えば食べ過ぎてお腹が痛い、飲み過ぎてお腹が気持ち悪い、このようなものではなく、自律神経の関係で、自律神経がうまく機能しないことによる腹痛の症状です。

そのため、自律神経がとても大きく関わっているため、鍼による治療や、ツボによる治療によって、このような自律神経を治し、正常な状態に戻すことで、体自身をとてもリラックスさせ、体を整えるようにすると、腹痛の痛みが回復する、そのようなケースがあります。
そのため、ツボなどの治療や鍼などの治療は有効であるとされています。