てんかん治療ナビ

てんかんの治療研究と手帳について

てんかんとは様々な要因によってもたらされる脳の疾患であり、大脳の神経細胞から過剰な電気活動を起こしてしまい発作が起こります。
その発作は突然意識がなくなってしまい全身が痙攣するような症状が起こります。その原因は様々で年齢も乳幼児から高齢者まで発病する可能性があります。
その中でも特に小児と高齢者に発症率が高いといわれており、小児の場合は成人になると治ってしまう場合もありますが、発作を頻繁に繰り返してしまうこともあります。
てんかんの原因や治療としてはいろいろ研究されていますが、ひとつは過去に脳に対してなんらかの障害が発生したことによる場合があります。例えば頭を強打するなどの外傷性のもの、脳炎や脳梗塞などが原因と言われております。
てんかんの発作はいつどこで起こるのかわかりません。脳のどの範囲で異常な電気活動を起こすかによってもその発作の症状も変わってきます。例えば後頭葉であれば視野の中に光が見えるようなこともあり、手足が動いてしまうこともあります。側頭葉であれば視野が狭くなったりすることもあります。この電気活動が脳全体に広がると発作症状となってしまい意識を失ってしまったり痙攣を起こしてしまうことになります。
てんかんの治療方法としては今のところ薬によって発作を抑えるしか方法がありません。完治するかどうかわからないこともあり長期間治療を行うことにもなります。
社会的にも発作を繰り返してしまうことでハンデキャップをおってしまうこともあります。てんかんと診断された場合は精神障害者保健福祉手帳を取得することができます。これは長期にわたり日常生活や社会生活に制限が起こる場合、税金の控除や自治体独自のサービスを受けることができるというものです。