てんかん治療ナビ

てんかんへの対応と遺伝的な要因

てんかん発作を持っている人には、本人や周囲の人たちによる適切な対応が不可欠です。
一番初めに行なわれるべきなのは、病気への理解です。てんかんは遺伝的な要因が低く、前の世代からの影響や、次の世代への影響がほとんどありません。これは、てんかんになった子供は親の責任ではないこと、てんかんを持っている人と結婚しても子孫が同じ症状になるわけではないということです。病気への無理解が偏見へとつながってしまうために、まずは自分と身近にいる人間から正しい知識を得ていく必要があります。
てんかんは、脳の神経細胞が異常を起こすことから発生します。普通の人なら何でもない刺激に過剰反応してしまうために、強いフラッシュや、水面からの照り返しによる輝きなどとくに光に対して発作を起こしやすくなります。車の運転や、映画やドラマ等の演出などにも困難がつきまとうために、配慮は必須となります。
てんかんになるきっかけとしては、脳の病気や怪我が挙げられます。脳出血を起こしたり、頭部を怪我したりした人は、その後の生活で突然失神したり、泡を吹いてしまったりということがあります。これは、前述のとおりてんかん発作が脳の神経を由来とする病気であるためです。こうした場合は、損傷の回復から地道に行なっていく必要があるために、詳しい検査が必要になります。
そうでない事由が原因のてんかんでも、慢性化はしやすいのが現状です。しかし一方で、薬や適切なケアによって、発作を引き起こしてしまうことをかなりの割合で防ぐことができます。この医療技術は年々向上しているため、もし自分の家族や、自分自身がこの症状に悩まされるようになっても、悲観しないことが大切です。